笑 函館屋

0138-36-2000

SIGHTSEEING(函館観光情報)

観る・遊ぶ

摩周丸

明治41年から昭和63年まで就航した青函連絡船の一隻。
操舵室・無線室が現役そのままに再現されており、船内には、歴史や船の構造が分かる展示コーナーや体験コーナーなどがある。

住所:北海道函館市若松町12番地先
営業時間:8:30~18:00(11月~3月 9:00~17:00) ※入館は閉館1時間前迄
アクセス:JR函館駅から徒歩8分
<笑 函館屋から車で約20分>

トラピスチヌ女子修道院

明治31年にフランスから派遣された8人の修道女が設立した日本初の女子修道院。
園内には、テレジア、ジャンヌダルク、天使ミカエルなどの聖像や資料館があり、道なりに牧歌的な草原が広がっている。
売店で手造りのロザリオや菓子を販売。

住所:北海道函館市上湯川町346
営業時間:8:00~17:00(冬期8:00~16:30)
アクセス:JR函館駅から車で20分
<笑 函館屋から車で約15分>

公園・自然

五稜郭公園

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡、高さ107mの五稜郭タワーからは公園が5角形の星形がよくわかります。桜の季節にはソメイヨシノが咲き誇ります。

住所:北海道函館市五稜郭町44-2
営業時間:五稜郭タワー 8:00~19:00 (4/21~10/20) 、9:00~18:00 (10/21~4/20)
アクセス:市電「五稜郭公園前」電停から徒歩15分
<笑 函館屋から車で約15分>

函館山

函館山といえば夜景が有名で、夜の夜景ばかりに気を取られがちだが、昼間の景色こそ夜では見られない絶景が楽しめる。
600種類の植物と150種の野鳥が生息する自然豊かな所で、散策ができる1時間前後のハイキングコースが10ほどあり、一日では廻りきれないほどの魅力がある。

住所:北海道函館市青柳町6-12
アクセス:市電「十字街」電停から徒歩10分
<笑 函館屋から車で約20分>

食べる

函館朝市

朝5時には早くも威勢のいいかけ声が飛びかう、函館の市場の代表格。
旬の魚や野菜、果物、乾物、菓子まで約280軒もの店舗がひしめきあっている。
ウニ、イクラをのせた丼やイカソーメン、三平汁などが食べられる食堂も多数あり、訪れる人でさらににぎわいを見せている。

住所:北海道函館市若松町9-19
営業時間:1月~4月 6:00 ~ 12:00(ただし、一部店舗は14:00頃まで営業)
5月~12月 5:00 ~ 12:00(ただし、一部店舗は15:00頃まで営業)
アクセス:JR函館駅から徒歩5分
<笑 函館屋から車で約20分>

ラッキーピエロ

函館発のご当地ハンバーガーレストラン「ラッキーピエロ」。
ラキピ、ラッピの愛称で親しまれ、多くの観光客や地元市民でいつもにぎわっています。
レジで注文を受けてから作り始める「オーダーメイドシステム」を取り入れていて、いつでもできたて熱々が味わえます。

各店舗の営業時間等は公式ホームページからご確認ください。
> 詳しくはこちら

ショッピング

赤レンガ倉庫

現在では、ビヤホールやレストラン、ショッピングモールとして再利用され、クラシカルなレンガ造りの倉庫群として函館のウォーターフロントのシンボルとなっている。
目の前は函館港が広がる開放的な場所。
水際は商業施設が建ち並び、函館山をバックにベイエリアを気持ちよく散策が出来る。

住所:北海道函館市末広町14-12
営業時間:9:30~19:00
アクセス:市電「十字街」電停から徒歩5分
<笑 函館屋から車で約20分>

はこだて海鮮市場本店

地元の水産会社直営店ならではの新鮮な海産物をはじめ、北海道内の名産品などおよそ2000品を販売。
店内は段差のないバリアフリー構造で通路も広く設けられているため、ゆっくり買い物ができます。

住所:函館市豊川町12-12
営業時間:7:30~20:00
アクセス:市電「十字街」電停から徒歩5分
<笑 函館屋から車で約20分>

このページのTOPに戻る